三重県鈴鹿市の清水醸造(株)さんのお酒、日本酒度や酸度、アミノ酸度、使用米など公開していません。造りは非常に丁寧さを感じられ、伸びやかな心地良い酸味があるのが特徴です。

蔵元さんの思い

「作 ざく」の名称には理由があります

お酒は最終的にはお客様にどのような印象を与えたかがすべてです。
そのために杜氏は、自分の経験、情熱のすべてをかけてお酒を造ります。

「少しでも昨年よりいいものをと願い、そのために過去の歴史に学ぶ。
手作業であるということは、都合がいい。新しいチャレンジができる。
毎日がチャレンジの連続」

しかし、蔵元に出来る事はここまでです。その最終的な印象の中には、販売されているお店のご主人の一言や、提供されている飲食店の雰囲気、お料理はもちろん、
一緒にお酒の席を囲んでいるお友達との会話などすべてが含まれています。
すべてが味わいのひとつの要素となっています。
このように、お酒の真の価値は
いろいろな人々によって作り続けられていると言う意味を込めて
「作 ざく」と名づけました。

人の心を「作」あげられるお酒として、
「作 ざく」はあり続けたいと思っています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4