店長日記

225

店でよくブラインドの利き酒をします。
目隠しの酒あてですが、これが難しい!

いつも、利き酒をしている器と違うものでやると、もうびっくりするくらい間違えたりします。器がちがうと本当に
別物の香りになったりして。

自分の店で取り扱っているお酒だから、それぞれの蔵のクセというか特徴など自分なりに当てる事はできますが
なんだか気になっている事があります。
 
その日の体調やお酒の状態で(温度など)でイメージが結構変わるものです。これはよく皆さん体験した事があると思います。

気になるのは、お客様と一緒にやってて、同じお酒を同じ温度で
利いてみると日によってお客様と同じ印象を受けているんです。
今日は甘く感じたり、香りの印象も違うんだけど
同じようにお客様も言われて、
お酒は「生き物」だからと言えば簡単に済まされるのですが・・
有り難い事です
「有り難い」とは 「なかなか有り得ない」と言う意味にもみえます。
そうなんです、こちらの冷蔵庫(酒屋には必需品ですが)ある方から頂戴しました。かなり新しくて、二年くらいしか使ってないものです。
しかも今、店で使っている冷蔵庫と同じ型です
買えば相当の金額!
別の方から陳列棚を頂戴しました。
チョッと使い道を考えましたが、これもいいものでした。

本当に「有り難い」です。
いずれこの冷蔵庫も電気をけして日本酒のショウケースになるよう頑張らねば
お問い合わせ有難うございます。
お酒販売の免許の関係上遅れております
(店を移転した際の販売免許が、通販不可になっていると言うことでした。店頭では常時、試飲販売しております)
宜しくお願い致します。
春に出来たお酒がタンクに貯蔵されて、または瓶詰めされて、そして秋口になると、新酒のいきおいというか、荒さがとれて旨み成分がお酒にきれいになじんで、まろやかなお酒になってくる。
「あきあがり」という言い方をします。
「ひやおろし」は秋あがりしたお酒を、文字通りひやで出荷する事です。
と言う事は、生で貯蔵して、火入れを施して出荷するのは「ひやおろし」とは言わないのでは?
「細かい事言うなよ」と言われそうですが、
日本酒を分かりづらくしているひとつの例かな?と思ったので書きました。
一年くらい前に飲んで、とても素晴らしいと思ったお酒です。
宮城県の「阿部勘」と言うお酒です。
こちらでは小さな規模の酒蔵にもかかわらず、かなり機械化を進めている所です。
機械化された造りの酒は避けてきたつもりですが、よく調べみると、しっかりと考えが有っての事だそうです。
洗米、麹造り、などでも利用します。
今の製麹機などの性能は知りませんけど、あのお酒ができるのだったら、ありなのかな?
もちろん機械だけに頼ったものではありません。
たとえば、限定給水をして、ザッっとこめを水から出すときに、チェーンで吊り上げるとか、その米を運ぶときは滑車を使うとか、(よく蔵人さん重たいこめを持って走っている)
そんなところにはとことん機械を利用しているのかな。
そんな感じです。
まだ九州では売られていないので、そんな事をもう一度考えてまた、近いうちに利いてみたいお酒でした。